お酒に酔うってどういうこと?

picjumbo.com_IMG_7885

みなさんこんにちは。

今日は飲んだお酒は体内でどのように変化して、私たちは”酔っ払うのかについて
お話したいと思います。

わたしたちが飲んでいるアルコールは胃から約20%、小腸から約80%が吸収され

そして血液に入り、全身にいきわたります。この時血液に溶け込んで脳に運ばれたアルコールによって脳が
麻痺することが「酔う」ということです。

千鳥足になるくらい酔っ払ってる時、
血中のアルコール濃度がかなり高く小脳まで麻痺の状態で酩酊期と呼ばれます。
個人差はありますが、ビール瓶だと約4~6本を一人で空けると千鳥足族です。

そして、体内に入ったアルコールの大部分が肝臓で代謝され肝臓では、

アルコールはアセトアルデヒドを経てアセテート(酢酸)に分解されます。

アセテート(酢酸)は血液によって全身をめぐり、筋肉や脂肪組織などで水と二酸化炭素に分解されて体外に排出されます。

摂取されたアルコールの10%が、そのままのかたちで呼気、尿、汗として排泄されます。

これが↓アルコールの体内の変化です。

アルコール代謝経路
base01

参照記事:社団法人アルコール健康医学協会
千鳥足になるまでは、酔いたくない。けど、、まだ飲みたい!

そんな皆様に、わたしはアルコール革命をお勧めします。このサプリは、体内に入ったアルコールを直接分解するので、ちょうど良い酔いが続いて、翌日の二日酔いが軽減される優れもの!
飲酒前と途中で2度に分けて飲むと、更に効果を発揮するのでぜひ試して頂きたいです。最後に。酔いの進み方には大きな個人差がありますので自分にとっての
ちょうど良い酔いの状態を知っておくことも大切ですね。

もう二日酔いに悩まない!アルコール分解サプリメント

酔う原因を強力分解!アルコール革命、全国どこでも送料無料。
飲み過ぎる前も!二日酔いの朝も!二日酔い予防するアルコール分解サプリメント。全国どこでも送料無料!
LINEで送る

Join the discussion

メールアドレスが公開されることはありません。