ワイン風呂で美容効果を検証

bath4

先々週の記事【ワインのタンニンで美肌の道】の最後に記載していたアル子のワイン風呂レポートです。
早速先週の土曜日に初挑戦してみました。

家に余っていた赤ワインをお風呂へ持ってきてバスタブにドボドボ投入!
バスタブへワインを投入する
期待していたほど真っ赤には染まらなかったのですが、きれいなバラ色に変わりました。

ワイン色に染まったバスタイム
よく混ぜて早速入浴タイム。
10分も経過すると、もの凄い汗が頭中の毛穴からでてくる!でてくる!

その他は、こんな感じの印象でした。

  • 浴室はワインの香りが充満している。
  • お湯の質が滑らかになってる。
  • 体の毛穴が引き締まる感覚。
  • 確かに冷えには効く!けど万年肩こり人間の極度の肩こりには効かない!
  • お湯を抜いた後は必ずお掃除しないとバスタブに色素沈着してしまう。

「ワイン風呂なんて贅沢な!」と思われそうですが結構やっている方も多いようです。高価なワインである必要はないのと、バスタブをすべてワインで満たす必要がないのでそんなに贅沢なことにはならないと思います。

私は下記のサイトからワイン風呂の作り方を学んで作ってみました。

——ここから女性のための美容とライフスタイルの情報サイトBimajinから抜粋———————-

ワインに含まれているビタミンPの働きが血行を良くし、体を温めてくれます。
また渋みの成分であるタンニンが皮膚のたるみを引き締めてくれるので美容効果も期待できます。入浴後はお肌がスベスベになっています。

白ワインより赤ワインのほうが効果が高いみたいですよ♪
ただ浴槽に色が移る場合があるので、入浴後はよく洗ってください。ちなみにワインの値段はあまり関係ないようです(高いのはもったいない!)

■作り方■

ワインを50~100mlほど浴槽の湯に注ぎ込みよく混ぜる。

■期待できる効果■

  • 血行や新陳代謝の促進 ※ビタミンPの作用
  • 疲労回復効果 ※ビタミンPの作用
  • 肩こり解消 ※ファハイドロキシ酸の作用
  • 腰痛の緩和 ※ファハイドロキシ酸の作用
  • 美肌効果(肌の若返りを促進) ※タンニンの作用

※アルコールに弱い方は注意しましょう!!!!

ワインを入浴剤にするなんてもったいないけど・・・贅沢なワイン入浴剤。

——ここまで女性のための美容とライフスタイルの情報サイトBimajinから抜粋———————-

(*)

ビタミンPとは… ビタミンPはビタミンではなく、ヘスペリジンやルチンなどを総称したポリフェノールの一種で、血圧を下げる効果や、血流を改善して体を暖めてくれます。

ファハイドロキシ酸とは… 老化を防いで美肌・肩コリ・冷えを改善してくれる作用があります。

赤ワインにはタンニンだけでなく、ビタミンPなど数種のポリフェノールが入っていて、ファイドロキシ酸も美肌やアンチエイジングに効果的な成分です。

クレオパトラが若返りのために入っていたのも納得です。

飲んで良し!浸かって良し!の赤ワイン。信じるものは救われるという言葉を信じて、私は定期的にワイン風呂を楽しみたいと思います。お家に眠っている赤ワインがあれば皆さんも早速、今夜お試しになってはいかがですか?

あなたも現代版絶世の美女になれるかもしれません♩


もう二日酔いに悩まない!アルコール分解サプリメント

酔う原因を強力分解!アルコール革命、全国どこでも送料無料。
飲み過ぎる前も!二日酔いの朝も!二日酔い予防するアルコール分解サプリメント。全国どこでも送料無料!
LINEで送る