お酒を飲むとトイレが近くなる理由

6

みんなでお酒を飲んでいる。

1時間、2時間経過して店を変えて飲んでいる。

その時にいつも感じていたことがあった。

「どうして私だけトイレが近いんだろう。」「また私だけトイレにたってる。」「友人のトイレの回数に比べると倍以上いってるなあ。」

お酒を飲むと同時に水分補給も常にしているし、普段から水分をかなり多くとる方なのでその影響かなと思っていたが、せっかくの機会なので調べてみた。
http://futsuka-yoi.com/diuretic_system_of_alcohol/
(二日酔い対策センターのサイト ↑)

上記のサイトではお酒を飲むとトイレが近くなる原理を説明してくれている。

ーーーーーーーここから二日酔い対策センターより抜粋ーーーーーーーーーー

カギは抗利尿ホルモンにあり

お酒を飲むとトイレが近くなります。
これは周知の事実ですが、じつは飲んだお酒の水分がすぐに排出されているわけではありません。私達のからだには利尿を抑えこむ「抗利尿ホルモン」というものがあり、これが活動することでに尿の量を減らし体内の水分量を一定に保っています。

アルコールにはこの抗利尿ホルモンの活動を抑制してしまう効果があり、これにより必要以上に尿を出してしまうのです。体内に取り込んだ余分な水分だけを排出しているわけではなく、アルコールに反応して尿をだすために水分の少ない度数の高いお酒を飲むと「利尿による脱水症状」が発生しやすくなります。

さらに飲んだお酒の水分が吸収されるまでにタイムラグがあるために血液中に蓄えられている水分から排出されます。このためにお酒を飲んでいる最中に体が脱水状態になるという変わった現象を起こしているのです。

ーーーーーーーここまで二日酔い対策センターより抜粋ーーーーーーーーーー

アルコールが抗利尿ホルモンの働きを抑制することによりトイレにたつ回数が近くなっていたとは勉強になった。

またトイレに立つ回数が多くなるということはそれだけ水分が体内から失われていることだし、それは体内での脱水状態につながるし、そうするとそれが二日酔いにもつながるという悪循環になるので二日酔いにならないためにも、飲みながらしっかり水分を補給する、飲んだ後ねる前にしっかりと水分を補給するという行為が重要だとわかった。

“アルコール革命”サプリメントはアセトアルデヒドやアルコール自体は分解するが、脱水症状を抑える効果はないだろうから水分補給とともにアルコール革命を使用しなければ、二日酔い対策にはならないのだとわかった。

もう二日酔いに悩まない!アルコール分解サプリメント

酔う原因を強力分解!アルコール革命、全国どこでも送料無料。
飲み過ぎる前も!二日酔いの朝も!二日酔い予防するアルコール分解サプリメント。全国どこでも送料無料!
LINEで送る