シャンパンはどうやってできるのか?

cham

シャンパンはどのようにしてできるのか?

シャンパンの製法の大きな特徴は通常のワインと同じように1次発酵を行ったあと、
できたワインを瓶にいれ糖分と酵母を加えて2回目の発酵(瓶内2次発酵という)を行うところです。

アルコールが発生する仕組みとしては、酵母の働きを利用し糖分がアルコールと二酸化炭素に分解されます。
この過程を1次発酵の場合はタンクや桶、樽で行うため二酸化炭素は空気中に放出されますが、2次発酵では
この過程を瓶内で行うため二酸化炭素が空気中には放出されず、ワインの中に溶け込みます。

これがシャンパンの泡になります。


-シャンパンの製造工程-

1.収穫 Vendange / ヴァンダンジュ
2.選果 Epluchage / エプルシャージュ(悪果除去)*酸味・糖度のチェックにも
3.圧搾 Pressurage / プレシュラージュ シャンパーニュ独特の圧搾機で、黒葡萄の皮の色がつかないように搾ります。
4.清澄 Debourbage / デブルバージュ 不純物(ブールブ / Bourbes)の取り除き。
5.1次発酵 Fermentation alcoolique / フェルマンタシオン・アルコーリック 通常の白ワインと同様に発酵させ、果実に含まれる糖分をアルコールへと転換します。
6.調合 Assemblage / アッサンブラージュ 第一次醗酵で得たワインを混合し、味わいの均一化をします。
7.瓶詰 Tirage / ティラージュシャンパン 酵母と糖分を加え、瓶詰する
8.瓶内二次醗酵 Deuxieme Fermentation / ドゥジェム・フェルマンタシオン
9.熟成 Vieillissement sur lie / ヴィエイスマン・シュル・リー(澱(おり)と共に熟成)
10.動瓶 Remuage / ルミアージュ 瓶の側面に沈積した澱を瓶口に集める作業です。
11.澱抜き Degorgement / デゴルジュマン
12.リキュール添加 Dosage / ドザージュ 酵母が糖分を分解することにより不足した糖分を補給
13.打栓 Bouchage / ブシャージュ シャンパンの瓶にコルクが打たれ、針金で締められます。
14.ラベル貼り Habillage / アビヤージュ 最後に瓶にラベルが貼られて完成。


詳細は今回参考にさせて頂いた「シャンパンが好き」ページをご覧ください。
シャンパンの種類や知識についての豊富な情報が掲載されているとても素晴らしいページです。

http://champagne7.com/knowledge/methode_champenoise.html(ウェブサイト:シャンパンが好き)

もう二日酔いに悩まない!アルコール分解サプリメント

酔う原因を強力分解!アルコール革命、全国どこでも送料無料。
飲み過ぎる前も!二日酔いの朝も!二日酔い予防するアルコール分解サプリメント。全国どこでも送料無料!
LINEで送る